フィルタの効用

すっかりNB1フィルタの魅力にハマって、これを使った撮影ばかりしています。特に大口径アクロマートのSE102が<変身>するのが楽しくて、色々試しています。
20200921_NGC7000
2020年9月21日
ケンコー・トキナーSE102(ACクローズアップレンズNO.4装着・焦点距離340mm・F3.3)
SXP赤道儀
KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド
カメラ:ASI1600MC-Cool フィルタ:IDAS NB1(2インチ)
GAIN: 200  冷却温度:-10℃
 露出時間:300秒×14枚 (合計70分)
ステライメージ7・NeatImage8・PHTOSHOPCC・DeNoiseAIにて画像処理


クローズアップレンズNO.4との組み合わせも再確認してみたかったので北アメリカ星雲とペリカン星雲を撮影してみました。前にもカリフォルニア星雲でも確かめたのですが、この組み合わせだと焦点距離が340mm前後になるのは間違いなさそうです。

それにしても。NB1フィルタは本当によく写ります。SE102で撮影すると星が赤く被ってしまう事がある(Rバンドだけピントがわずかにずれている為)のですが、コンポジット後にRGB分解してRバントだけを調整するとそれなりに改善します(この写真はこの方法で処理しています)。色合いがやや単調になるのは仕方ありませんが、普通のアクロマート鏡筒がここまで変身するならば十分です。

実はもう一つ気になっているフィルタがあります。サイトロンのCBPフィルタです。光害カットはやや弱めでも、使い道は広そうでいずれは買おうかなーとも思っています。もっとも、SE102だけは青ハロが酷くて使えないですが……。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

uesugisouta

Author:uesugisouta
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR