FC-76DCで網状星雲

再び、タカハシFC-76DCとNB1の組み合わせで撮影してみました。
20200906_NGC6960
2020年9月6日
タカハシFC-76DC(レデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀
KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド
カメラ:ASI1600MC-Cool
フィルタ:IDAS NB1
GAIN: 250 冷却温度:-10℃
露出時間: 5分×20枚(合計100分)
ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCC

対象はおなじみ、網状星雲の右側・NGC6960とその周辺です。前にもSE102で撮影していますが、その時は収差が出てみっともなくなってしまったので再挑戦しました。F5.5とそれ程明るい鏡筒では無いですが、NB1と相性のいい天体だけによく写ったと思います。星が多くて見ずらいですが、あえてそのまま掲載しています。
星の海に浮かぶ超新星残骸のイメージはとても好きです。

それにしても。どちらかといえば眼視向きのような気がするFC-76DCでもよく写るものですね。注文した屈折望遠鏡で撮影するのが今から楽しみになってきました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

uesugisouta

Author:uesugisouta
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR